紫微斗数

五相成身観①通達菩提心

五相成身観(ごそうじょうしんかん)とは通達菩提心・修菩提心・成金剛心、証金剛心・仏身円満の五つ観法のことである。

悟りに至るための五段階の成就法。修行者である一切義成就菩薩が最大の苦行をしているところに、一切如来が現れ、苦行では成道しがたいことを説き、五相成身観とうい修行方法を示した。
①通達菩提心(つうだつぼだいしん)
自己の心を洞察する。衆生の心は本来清らかなものであるが、煩悩に覆われて言いる。このような状態を霧のかかった月と見て自己の心を観想する。
(本文は三密行 - 曼荼羅 - FC2より)

*参考文献*
梵字でみる密教 その教え・意味・書き方 児玉義隆 大法輪閣

コメント