紫微斗数

仏眼仏母

人は真理を見つめて世の理を悟り、仏即ち「目覚めた者」となる。これを「真理を見つめる眼が仏を産む」更に「人に真理を見せて仏として生まれ変わらせる宇宙の神性」という様に擬人化して考え、仏母即ち「仏の母」としての仏眼信仰に発展した。

「この咒は乃ちこれ一切諸仏種族の母咒」であると、『一字仏頂輪王経』に出てくるので、仏母という。

 

*参考文献*
仏眼仏母ーWikipedia
真言陀羅尼   平河出版社

仏眼仏母ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E7%9C%BC%E4%BB%8F%E6%AF%8D

コメント