紫微斗数

十八道❻-⑱普供養

十八道は、十八種類の本尊供養法式である。
日本では真言宗、天台宗に四度加行といって、十八道、金剛界、胎蔵界、護摩法を習うことを僧侶資格としている。

この法は
つの大きなブロック(六法と、
その各々に対応する主要な
種類の印言(十八契印)観想行からなっている。

❻供養法
本尊の座す場所を整え迎える。

⑱普供養
準備行の仕上げとして、5つの所作(塗香ずこう・華鬘げまん・焼香しょうこう・飲食おんじき・灯明とうみょう)からなる供養を本尊に対して行う。

誦經則成一切如来集會及無邊微塵刹土中雨無量廣大供養。
獲得無量福壽命猶如虚空無有邊際。
世々常生一切如来大集會中蓮華化生得五神通。


             

*参考文献*
真言密教の本 空海伝説の謎と即身成仏の秘密   学研
真言陀羅尼   平河出版社

コメント