紫微斗数

地蔵菩薩

無限なものを蔵する大地の母胎

大地が実に堅固で、あらゆるものをのせていながらゆれ動くこともなく、種々のものをその中に蔵しているように、法験無量のところから、地蔵と名付けている。
釈迦の滅後、弥勒が世に出るまでの期間、人々を救って悟りの境地に導く任をもと者であるとされるほか、地獄を支配する十人の王を支配する者であるとか、十王の中心とされる閻魔王が実は姿を変えた地蔵であるともいわれる。
六観音と同様に、六道輪廻する人々をすべて救うことを主眼するので、同じ地蔵尊が、六つの姿をもって現れる。そのため、一般には六地蔵と呼ばれている。

*ご利益*
地蔵は、現在水子地蔵として、水子を供養する場合に真言を唱えて拝むと霊験があると信仰を集めているが、密教においては、五穀豊穣、敬愛和合、立身出世、悪人調伏、地中埋蔵されたものの発見に霊験ありとされている。ところで、真言をひたすら7万回唱えてみたらどうだろう。大金持ちになれるというのだが。

*参考文献*
句義入梵文真言鈔 
密教の本   驚きべき  秘儀・修法の世界

地蔵菩薩ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9

コメント