紫微斗数

妙法蓮華経陀羅尼品第二十六◎薬王菩薩陀羅尼◎


薬王菩薩、勇施菩薩、多聞天王(毘沙門天)、持国天王、十羅刹女が法華経の説法者を守護するため呪文(神呪、陀羅尼)を唱えました。
この神呪は、神々の名もしくはその異称の呼びかけであるということです。 また、神呪を唱えることにより、善をよく身にたもち、悪をおしとどめて、発しせしめない・・・とのことです。
ではなぜ、法華経説法者の守護が必要なのかというと、法華経は真の善の教えなので、 悪の教えや、見かけ上は善の教えの勢力などから迫害を受けやすいとのことです。
そして、神呪に守られた法華経説法者に、迫害をくわえることは、神々に迫害を加えるのと同じで・・・後は推して知るべし・・・です。
ちなにみ、多聞天王(毘沙門天)、持国天王は、他教(バラモン教)の神々で、羅刹女とは、鬼女のことです。 つまり、他教の神々や鬼女までもが、法華経説法者の守護を願って、神呪を唱えてくれたのです。
これは、法華経の教えが、万教をも包容し、また、鬼女たちをも平等に成仏させる力をもっていることの証しです。
とにかく、陀羅尼(ダラニ)は、法華経説法者からみれば、いろいろ守護してくれる有り難い神呪なのです。合掌。
(本文は仏教:法華経ノート(妙法蓮華経) - Chaichan-Worldより)



*参考サイト*
妙法蓮華経 陀羅尼品第二十六
陀羅尼品第2 薬王菩薩 勇施菩薩 毘沙門天 持国天 羅刹女 鬼子 ...
参考文献 現代語訳陀羅尼品第二十六 - Yahoo!ブログ
要約法華経 陀羅尼品第二十六

コメント