紫微斗数

妙見菩薩

北極星を神格化した菩薩

尊星王あるいは北辰菩薩とも呼ばれる。
妙見菩薩は北天に輝く北極星を神格化したもので、この星が正確に北の天空に位置し、決してその位置を動くことがなく、その周りを巡る数多の星々を従えていることから、この北極星を王や皇帝になぞらえ、国家や国土を守護し、天災地異を攘う役割が与えられたのである。また、天空に存在する星々は、人の運命を司ると考えられたことから天の中心に位置し不動であり、星の中の王たる北極星は、特に除災招福や息災延命に験力があると考えられたのである。
               
日本では、眼病平癒・安産・良縁のためにこの菩薩を本尊として行う修法があります。

【北斗七星】より
…北斗信仰は早く日本にも流入し,平安時代以来,宮中での四方拝に天皇みずからが本命星を拝しその神名を称えた。また,北斗信仰は密教でも重視され,北極,北斗の本地とされる妙見菩薩をまつる妙見堂が各地に建てられている。民間でも宮中の四方拝にならって星供養を行い,今も〈ほくとさま〉〈ひちじょうさま(七星さま)〉などの名が残っている。…
【北極星】より
…さらに後世,玉皇大帝,紫微大帝,北斗七神は斗姆から生まれた兄弟神とする斗姆信仰も行われ,《北帝説豁落七元経》など多くの経典が説かれた。一方,仏教でも早く《七仏八菩薩所説大陀羅尼神呪経》が北辰を妙見菩薩とし,その神呪(しんじゆ)を称えることで国家護持の利益を得られることを説くが,とくに唐代の密教は道教の影響を強く受けた北辰北斗信仰を説いた。《北斗七星延命経》などは道仏混淆(こんこう)のあとをもっともよく示す宗教経典である。…

 

*参考文献*
密教曼荼羅  如来・菩薩・明王・天     新紀元社

 妙見菩薩とはーコトバンンク
http://kotobank.jp/word/%E5%A6%99%E8%A6%8B%E8%8F%A9%E8%96%A9

妙見菩薩ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%99%E8%A6%8B%E8%8F%A9%E8%96%A9

コメント