紫微斗数

帝釈天

仏   法   守   護   神

サンスクリット語でインドラといい、因陀羅と音写される。詳しくはシャクラデーヴァーナーム・インドラといい。釈迦桓因陀羅と音写される。

インドラも古くからインドで信仰されていたものが仏教に採り入れられて、その守護神となったものである。梵天と深い関わりを持ち、仏教では諸天の中でも重要な地位にある。

帝釈天は宇宙の中心とされる須弥山山頂の善見城(喜見城ともいう)を居城とし、その周辺の忉利天の支配者として君臨している。ちなみに、弥勒菩薩が住む兜率天や、梵天が支配する大梵天は、この忉利天の上にある。忉利天のすぐ下には四天王があり、四天王は帝釈天の命によって、この世に出動し、人々の善行、悪行の一切を帝釈天に報告することになっているのだ。

帝釈天の姿は二臂像のみで、インドでは宝蓋を持つものが多いが、日本では伐折羅(金剛杵)や歩払子を持つものが多い。

*ご利益*
もしもあなたが国王だったなら、帝釈天を礼拝すると、国家は栄え、国民は平穏無事な生活を送ることができる。万一、戦争になったとしても3日もくしは7日間、心を込めて供養し、祈念すれば必ず勝利を得ることができるのである。
しかし、国王でないあなたにも、もちろん大変なご利益がある。真言を唱えて朝夕礼拝すれば、帝釈天をはじめとして、一切の神々が常にあなたを助け、災難に遭うこともなく、金銭に困るようなこともなくなるという。

*参考文献*
密教の本  驚くべき秘儀・修法の世界
仏像鑑賞ハンドブック
仏像見方ハンドブック

帝釈天ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E9%87%88%E5%A4%A9

コメント