紫微斗数

普賢菩薩

増益・延命の徳をたたえた仏尊

サンスクリット語でサマンタバドラという。
サマンタは行き渡る(普)、バドラは「賢」または「吉祥」を意味し、普賢、または遍吉と漢訳される。すなわち、吉祥が四方八方に行き渡るという意味である。

普賢菩薩は文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍として仕える。
獅子に乗って釈迦如来の左側に仕える文殊菩薩が智恵を司るのに対して、白い象に乗った普賢菩薩は行(修行)を司る

仏教では智恵と修行のバランスがとれていることを理想とする。
両菩薩の智恵と行がそなわることによって、仏教の教えは完全になり、釈迦如来の無限の慈悲も真の輝きをあらわす。

密教では普賢菩薩の悟りを求める心が金剛不壊(固くて絶対に崩れない)であることから、金剛界曼荼羅の中心的な菩薩である金剛薩埵と同一視された。

*ご利益*
もともと普賢菩薩には、増益と延命という2つ大きいな徳がある。この二徳を形に現したものが延命菩薩と呼ばれている。密教においては、普賢延命の真言を唱えれば、災いを避け、福徳を得、生命を延ばすことができるといわれている。

*参考文献*
仏像鑑賞ハンドブック
密教の本   驚きべき  秘儀・修法の世界

普賢菩薩ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E8%B3%A2%E8%8F%A9%E8%96%A9

コメント