紫微斗数

毘沙門天①心中心咒・心咒

多聞天の別名で、単独でまつられるときに毘沙門天と呼ばれる。
須弥山の中腹に住み、北方を護る神である。
『毘沙門天経』に、「毘沙門天王を願せば、浄信、戒、聞、捨、受、捨、慧、貌、力、弁、色声香味触富貴自在の十種の福利を獲得し、仏法中に於て法眼を開き、聖果を証得すべし」とあるように、財宝福徳の仏神と子宝を授かるという信仰も強い。さらに、『北方毘沙門天随軍護法真言』に、「仏は毘沙門に勅して、天兵を領して界を守り。国土を擁護すべしと告げられたり」とあるように、軍神(いくさがみ)としての信仰も厚い。



*参考文献*
仏像鑑賞ハンドブック   PHP

*参考サイト*
毘沙門天 - Wikipedia
毘沙門天 - ZAQ
 

コメント