紫微斗数

毘沙門天③毘沙門三尊

仏教には、世界の中心といわれる須弥山の帝釈天に仕えて、東西南北の安全を守る四人の神(=四天王)がおられます。中でも、北方を守る毘沙門様は、最も強くて尊敬されています。毘沙門様は、鎧兜で身を固めた軍神のお姿をしています。これは、様々な「魔」(悪い心)の誘いに、敢然と立ち向かわれるためです。左手(向かって右手)に持っておられるのは、宝塔。お経がつまっています。右手(向かって左手)には如意宝珠という珠が先についた宝棒を持っておられます。この宝珠は、わたしたちの願いのままに、財宝を生み出すことができます。そして、足の下には藍姿、毘藍姿という悪魔(アマノジャクともいいます)を踏みつけて「魔を降伏させるぞ」という強い意志を示しておられます。毘沙門天王の左側(向かって右側)には、お妃の吉祥天女。とても美しい方で天女中の天女と言われています。頭には宝冠を頂き、右手には与願印を結び、左手に如意宝珠をお持ちになっていて、昔から美と福の神さまとして信仰されています。右側(向かって左側)が、子供の善貳師童子。毘沙門天王と同じように、人々を救おうと、信者の願いごとを毘沙門様に取り次ぐ役目をされています。(本文は信貴山大本山護摩の千手院より)

 

*参考サイト*
毘沙門三尊 - 千手院
吉祥尊天像 - 毘沙門堂 勝林寺

コメント