紫微斗数

般若心経(般若菩薩心真言)

般若は叡智である。

今までの体験、感情、偏見という旧見の吾我をなくし、無差別に、清浄に、己をむなくして、あるがままに徹見することである。

主観の極に般若をおき、客観の極に実相をおき、この二片対立を統一するということではない。

般若は空であり、実体がない。真如は般若に一致する。



*参考文献*
真言陀羅尼   平河出版社

般若心経ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AC%E8%8B%A5%E5%BF%83%E7%B5%8C

コメント