紫微斗数

薬王菩薩

二十五菩薩の一。「法華経薬王品」に説かれる菩薩。修行していた時、仏道のために両腕を焼くという捨身供養(=薬王焼臂(しようひ))を行なったという。
 
良薬を与え、衆生(しゆじよう)の病気を治すとされる菩薩。時に薬上菩薩とともに釈迦如来の脇侍(きようじ)となる。
(本文は薬王菩薩とは - Weblio辞書より)

法華経・薬王菩薩本事品では、薬王菩薩の前世は、一切衆生喜見菩薩といい日月浄明徳如来(仏)の弟子だった。この仏より法華経を聴き、楽(ねが)って苦行し、現一切色身三昧を得て、歓喜して仏を供養し、ついに自ら香を飲み、身体に香油を塗り焼身した。諸仏は讃嘆し、その身は1200歳まで燃えたという。命終して後、また同じ日月浄明徳如来の国に生じ、浄徳王の子に化生して大王を教化した。再びその仏を供養せんとしたところ、仏が今夜に般涅槃することを聞き、仏より法及び諸弟子、舎利などを附属せられた。仏入滅後、舎利を供養せんとして自らの肘を燃やし、7万2千歳に渡って供養したという。
妙荘厳王本事品では、昔、雲雷宿王華智如来の出世時に、妙荘厳王と浄徳夫人に、浄蔵と浄眼の二子があり、浄蔵が今の薬王菩薩、浄眼が今の薬上菩薩、それぞれの前世であることを説いている。
(本文薬王菩薩の概要より)
 

*参考サイト*
木造薬王・薬上菩薩立像(もくぞうやくおう・やくじょうぼさつりゅう ...

コメント