紫微斗数

金剛夜叉明王

内心の汚れ、煩悩を食い尽くす明王

金剛夜叉明王は五大明王の1尊。北方不空成就如来の教令輪身で、金剛牙菩薩の化身である。過去、現在、未来の悪と欲を呑みつくし、速やかに取り除くと伝えられる。つまり、人間の眼に見えないすべての不浄物、内心の汚れや煩悩をすべて食い尽くしてしまうのだ。

金剛夜叉は、インドでは「ヴァジュラ・ヤクシャ」と呼ばれる。「ヴァジュラ」は日本語に訳すと金剛、「ヤクシャ」はインドの鬼神で、漢語にすると勇健となるが、原語の「ヤクシャ」をそのまま用いて夜叉とか薬乞叉と書いている。また、金剛盡、金剛噉食ともいう。

忿怒形の三面六臂像が一般的である。最大の特徴は、中央の顔に5つの目があることで、額に縦に1つ、その左右に1つずつ目がある。3つの顔は胎蔵界の三部を、5つ目は金剛界の五部をあらわすといわれる。左右の2面の目は3つである。右手に矢(悪魔調伏)、五鈷杵(煩悩を砕く)、剣(悪魔調伏)を持ち、左手には弓(悪魔調伏)、輪(悪魔調伏)、五鈷鈴(信心を目ざめさせ)を持っている。

*ご利益*
印を結び真言を唱えるだけ、人に尊敬され、愛されるようになるということ。

*参考文献*
密教の本  驚きべき秘儀・修法の世界
仏像鑑賞ハンドブック

金剛夜叉明王ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%89%9B%E5%A4%9C%E5%8F%89%E6%98%8E%E7%8E%8B



コメント