紫微斗数

金剛界大日如来

大日如来を智慧の面で見たものが金剛界大日如来である。
森羅万象はことごとく、大日如来の智慧が創り出したと考える。
金剛はダイヤモンドの意味で、大日如来の智慧が硬く研ぎ澄まされていて、絶対傷つかないことをあらわしている。
金剛界大日如来は智拳印を結ぶ。左手の人差し指を立てて、それを右手の拳で握ったもので、ちょうど忍者が術をかけるときの手つきに似ている。これは大日如来独特の印である。また頭には頭髪全体を覆った五智宝冠をかぶり、身体の色は金色である。



*参考文献*
仏像鑑賞ハンドブック   PHP

コメント