紫微斗数

金剛薩埵

金剛薩埵(こんごうさった)、梵名ヴァジュラサットヴァ (वज्रसत्त्व [vajrasattva])は、中期密教においては大日如来の教えを受けた菩薩で、密教の第二祖とされた。後期密教においては、(法身普賢(普賢王如来)、金剛総持と並んで)本初仏へと昇格した。

菩提心即ち一切衆生が覚りの世界を目指す象徴的菩薩である、別名を金剛手秘密主菩薩とも言い金剛蔵王菩薩は変化尊とも言われる、密号を真如金剛と言い vajraは金剛(真理・堅固・ダイヤモンド)の意訳・sattvah薩埵)(勇猛果敢)の音訳となり菩薩の正式名・菩提薩の前部を金剛に置き換えたとも言えるが「高貴で堅固」を意味持金剛))金剛秘密主とも言われ如来グループに分類される事も多い、ちなみに金剛とは大漢和辞典に依れば「五行の金の気、その気が剛毅で有るから剛」とされる、出典は晋書の地理志と言われ、金属の堅固、剛毅)、ダイヤ、強いを意味する、金剛は他にはヒンズー教の神々を仏教(密教)に取り込む際に、冠に金剛を付けた尊像が多い金剛界曼荼羅に於ける主要尊の中でも大日如来に次いで重要な尊格である、即ち大日如来の))、要するに如来になる以前の姿とも言える。



*参考サイト*
金剛薩埵 - Wikipedia
高野山真言宗|別格本山 普賢院|普賢菩薩と金剛薩た像
金剛薩埵
金剛薩埵‐古寺散策 - OCN

コメント