紫微斗数

般若心経262文字の真理⑥

故知 般若波羅蜜多
是大神咒
是大明
だから、次のことを知るべきである
般若波羅蜜多は大いなる真言であり、明かりとなる真言であり
是無上
無等等
この上ない真言であり、比べるもののない真言である
能除一切苦
すべての苦を除くことを可能にしてくれる
真実不虛
真実であって、虚偽ではないのである
故説 般若波羅蜜多
即説
それでは般若波羅蜜多の真言を説こう
すなわち、その真言とは次の通りである
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
行った 行った 彼岸に行った 悟りよ めでたし
(行けるものよ 行けるものよ 彼岸に完く行けるものよ 悟りよ 弥栄)
(證道よ 證道よ 彼岸への證道よ 彼岸の完全な證道よ 悟りの智慧よ 霊験あれ)
*以上の概訳は般若心経には何が書かれているのか/山名哲史訳『声に出して読む般若心経』(明日香出版社)より*【一個人5  2007 No.84 掲載】
*真言陀羅尼 坂内龍雄著 平河出版社 P37より*
*梵字四十九院・五大・心経 悉曇参究 徳山暉純 木耳社P219~220より*

羅什訳・玄奘訳とも、「般若波羅蜜(多)」「舍利弗(子)」「阿耨多羅三藐三菩提」「菩薩(菩提薩埵)」及び最後の「咒(しゅ)」の部分だけは漢訳せず、サンスクリットをそのまま音写している。
*本文は
般若心経 - Wikipediaより*

コメント