紫微斗数

◎梵文般若心経◎

観自在菩薩深般若波羅蜜多
観自在菩薩が深淵なる「般若波羅蜜多」(智恵の完成)の修行をしていた時
照見
五蘊
人間は五つの要素が集まって作られているが、それらの五つの要素はすべて「空」である(実体がない)ということをはっきり認識して
度一切苦厄
観自在菩薩はすべての苦から脱却し、また人々をすべての苦から救って下さった
舎利子(釈迦の十大弟子・智慧第一)

舎利子よ、よく聞きなさい
不異空
形あるものは「空」と別のものではない
空不異色
「空」であることと形あるものとは別のものではない
色即是空
形あるものは「空」である
空即是色
「空」が形あるものを作っている

受想行識
受(感覚作用)・想(表象作用)・行(表象から生み出される意志作用)・識(認識作用)で作られている心の働きというもの
亦復如是
また、形あるものと同様に、実体ではないのである
舎利子
舎利子よ、よく聞きなさいよ
是諸法空相
すべてのものは「空」という性質を免れることはできない
不生不滅
生じることもなく、なくなることもまく
不垢不浄
汚いということもなければ、きれいということもなく
不増不減
増えることもなければ、減るということもないのである
是故空中
このゆえにこの「空」の世界においては
無色無受想行識
形あるものというものもなければ、感覚・知覚・表象・意思・認識作用からなる心もなく
無眼耳鼻舌身意
眼も耳も鼻も舌も身も意などもなく
無色声香味触法
色も声も香も味も触も法なくもなく
無眼界乃至無意識界
眼と見えるものとで作り上げられている世界もなければ、思う主体と思われる客体とで作り上げられている世界もなく
無無明亦無無明盡
無明もなければ、無明がなくなるというこんともなく
乃至無老死亦無老死盡
また、老死と老死がなくなるということもない
無苦集滅道
仏陀が教えてくれた苦に関する四つの真理もなく
無智亦無得
悟りを得るための知恵というものもないし、また悟るということもない
以無所得故
得るべきところなど何もないからである
菩提薩埵
依般若波羅蜜多故
菩薩は般若の知恵によって
心無罣礙
心をとわらわれるということがない
無罣礙故
心にとらわれがないから
無有恐怖
恐怖というものがない
遠離一切顛倒夢想
すべての本末転倒した妄想から離れることができ
究竟涅槃
絶対的な安らぎの境地に至るのである
三世諸佛依般若波羅蜜多故
過去、現在、未来の三世の諸仏もみな般若の知恵によったが故に
得阿耨多羅三藐三菩提
完璧な悟り(阿耨多羅三藐三菩提)を得られたのである
故知 般若波羅蜜多
是大神咒
是大明
だから、次のことを知るべきである
般若波羅蜜多は大いなる真言であり、明かりとなる真言であり
是無上
無等等
この上ない真言であり、比べるもののない真言である
能除一切苦
すべての苦を除くことを可能にしてくれる
真実不虛
真実であって、虚偽ではないのである
故説 般若波羅蜜多
即説
それでは般若波羅蜜多の真言を説こう
すなわち、その真言とは次の通りである
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
行った 行った 彼岸に行った 悟りよ めでたし
(行けるものよ 行けるものよ 彼岸に完く行けるものよ 悟りよ 弥栄)
(證道よ 證道よ 彼岸への證道よ 彼岸の完全な證道よ 悟りの智慧よ 霊験あれ)

*以上の概訳は般若心経には何が書かれているのか/山名哲史訳『声に出して読む般若心経』(明日香出版社)P96~97より*【一個人5  2007 No.84 掲載】
*真言陀羅尼 坂内龍雄著 平河出版社 P37より*
*梵字四十九院・五大・心経 悉曇参究 徳山暉純 木耳社P219~220より*

羅什訳・玄奘訳とも、「般若波羅蜜(多)」「舍利弗(子)」「阿耨多羅三藐三菩提」「菩薩(菩提薩埵)」及び最後の「咒(しゅ)」の部分だけは漢訳せず、サンスクリットをそのまま音写している。
*本文は
般若心経 - Wikipediaより*

 
*参考文献* 句義入梵文真言鈔 岩田教順編 中山書房仏書林

コメント